Webナイト宮崎の振り返りと今後の抱負

こんにちは!
サウナ大好き、てげほげのしんげん(@mametra)です!!みんな、サウナ行ってる?

この記事は 地方IT勉強会 Advent Calendar 2019 の9日目の記事として投稿させてもらいます!

日本各地の田舎で勉強会をやっている人たちの声をききたい,どんな苦労があるのだろうか,どんな思いで進めているのだろうか...... などなど,ざっくばらんにお気持ち表明をしていただけると,各地で頑張る,あるいは頑張っていきたいと思ってらっしゃる方のためにもなるかと思っています.ぜひぜひ思いの丈をぶつけてみてください!

と、地方IT勉強会を運営するものとして、居ても立っても居られず記事を書こうと決心しました!

のちほど運営団体の説明をしますが、僕らは南国リゾートとしてのイメージが強い宮崎県で Webナイト宮崎 という勉強会を主催しています。

今回は

  1. Webナイト宮崎とは?
  2. てげほげとは?
  3. 始めたきっかけ
  4. 今後の抱負

などについて書こうと思います!最後までお付き合いくださいませ!

1. Webナイト宮崎とは?

まずWebナイト宮崎とは、その名の通り仕事終わりの時間に(だいたい19時開始)開催しているWeb系勉強会です。主にLT(ライトニングトーク)を中心にしたアウトプットファーストな勉強会です。

毎回テーマ(JavaScript、デザイン、Firebase、初めてやってみた etc)を決めて登壇者を募り、LTと質疑応答を繰り返す、そんな勉強会です。

どんな勉強会なのかは 「Webナイト宮崎 Vol.1 ~てげWeb学びたい~」レポート を見てもらえたらと!

2018年の11月から始動してすでに7回実施しています!頻度としては2ヶ月に1回のペースですね!

勉強会のあとは、みんな大好き(特に宮崎の人は飲むのが好きw)懇親会です!気になったLTを深堀りしたり、社外の人と情報交換したり、ただただお酒を飲んだりと楽しい時間を過ごします。

2. てげほげとは?

Webナイト宮崎は てげほげ というコミュニティが運営しています。てげほげには主に 宮崎在住のWeb系フリーランスエンジニア の方が参加しており、Webナイト宮崎の運営以外にも、定期的に集まってお互いの近況報告や悩み相談などをしています。

宮崎生まれの方やサーフィンやクライミングといったアウトドアが人気な宮崎へ移住された方など、様々なバックボーンの方がてげほげに所属しています!

3. 始めたきっかけ

てげほげの小川さんが書いた 地方に住むエンジニアがこの先生きのこるには にもあるように宮崎は東京と比べると勉強会の回数が圧倒的に少ないです。人口が少ないから当然といえば当然なのですが。

勉強会が少ないなら作れば良い!自分たちのアウトプットの場として勉強会を主催してみよう!そんな勢いで始めました。あと、ちょうどその時期に勉強会を頻繁に主催しているエンジニアさんと知り合い、勉強会のノウハウも教えてもらったりとタイミングが重なったのもきっかけのひとつです。

自分たちのアウトプットの場として始めたので、初回のWebナイト宮崎は登壇者10人中4人がてげほげメンバーというサクラ多めの感じでした(笑)。しかし、2回目からはてげほげメンバー以外の方も多く登壇してくれるようになり、さらに登壇枠の方が先に埋まるという嬉しい状況にもなっていきました。

宮崎のエンジニアさんって、アウトプットしたい人が多い!と新しい気づきもあり、僕らが大事にしている 誰でも気軽にアウトプットできる勉強会 のコンセプトが固まっていきました。

4. 今後の抱負

最後に今後の抱負ですが、みなさんに もっとWebナイト宮崎を利用してほしい と思っています。

例えば、Webナイト宮崎で登壇した大学生が就職活動のときに、登壇実績を高く評価してもらえたと言ってました。これはWebナイト宮崎を利用した典型例だと思います。

他にも、Webナイト宮崎で登壇して、いろんな人からフィードバックをもらい勉強になったという人や仕事のモチベーションに繋がったという人もいます。

さらに、最近では Webナイト宮崎 女子部 といった勉強会も派生して誕生してきています!

このようにWebナイト宮崎を利用して、もっと楽しくエンジニアライフを過ごせる人が増えたら良いなと個人的には思っています!!

引き続き頑張りすぎず、てげてげ(宮崎の方言で 適当 という意味)でWebナイト宮崎の活動を続けていこうと思っていますので、応援のほどよろしくお願いいたします!

この記事を読んでWebナイト宮崎に興味を持ってもらった方は てげほげconnpassページ に参加してもらえると勉強会の情報が配信されるのでチェックしてみてください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!